<< 仔猫トライアル ありがとう あもん最後の日記 >>

病院へ

ずっと連絡しなきゃと思っていた病院へ ふと「今だ」と思って電話。
もうすぐ1カ月が経つんだなぁ。

さらっと電話して、お礼と、あまった注射と使用済みの針の返却にいく相談をするつもりが
先生と話したら泣けてきてしまった。
なんでだろう。

若くてちょっと頼りない感じの(失礼・笑)女性の先生なんです。

不信感を抱いていたときもあったけど、あんなに悪かったあもんが
復活できて、最後までの時間を延ばしてくれたことに、感謝。

また新しい猫を迎えたら、お世話になろう。

最近は、注射を片づけてしまったら、全部が終わってしまうみたいで悲しくなってきて
手を付けれずにいたけど、あもんが作ってくれた縁が続きますように。

3月6日に飾った花も、もう捨てようかどうしようか というくらいなんだけど
4月6日まで と思ってまだ飾ってる。
ためしに花瓶から水をなくしたら、あっというまにぐったりとしたから
水を吸ってるのに、花びらはドライフラワーみたいになってる不思議な
ラナンキュラスです。

いまだに家にかえって玄関を開ける前に、あもんがいる感覚になる。
もう半年以上も、玄関に迎えに来なくなっていたのに(笑)

そうやって、ずっとずっと私のなかで生き続けてくれますように。
[PR]
by amoneko | 2012-04-02 10:30 | あもん通院
<< 仔猫トライアル ありがとう あもん最後の日記 >>