あもん 点滴2日目

・・・mixi日記からの転記・・・

前回の日記に、コメントたくさんありがとうございます
すっごい勇気づけられてます。
一人ひとりにお返事できずすみません。。

昨日は点滴2日目でした。

初日の点滴は、帰ってきたらなんだか元気になっていて
このところ、実は元気がなかったことに気づかされて
ちゃんと見てなかったんだな・・・と、反省していました。

で、昨日。
初日は病院で一度もトイレができなかったけど
元気になって帰ってきたので、安心して預けました。
夜、迎えにいくと、トイレも少しできた というのでさらにほっとして。

家に帰ってバッグから出ると・・・歩き方がおかしい!
腰が引けたような、お尻が下がったような感じで
がに股で、ばたばたと必死に歩いてる・・・
見たこともない姿でびっくりして、あわてて病院へ電話。

昼間はなんともなかったから、もしもけがをしたとしたら
ケージから出すときに、2回くらいパニックみたいになって
暴れたからかもしれません、と。
スタッフ(ケージから出した人)は、押さえつけたり
手を出したりしたわけではなく、外に出そうと思ったら
ケージの中で暴れた・・・と、何度か説明された。

事実なんだろうけど、責任逃れでもあるのかな、と不信感が
募ります。

痛そうにはしていないので、とりあえず様子を見て
昨日はソファで一緒に寝ました。

ほぼ動かず(動けないんだと思うけど)
水を飲みたいときと、トイレのときだけ動くような感じ。
疲れて帰ってきているはずなのに、熟睡もしない。。

いつもしている一連のお部屋チェックも出来ないし
お風呂に一緒についてきたりもしない。

少しでも楽になればと思って連れて行った病院でこんなことに
なるなんて・・あもんに申し訳ない。

今日は朝、市場に行ってきて、これから病院です。
ちゃんと治るんだろうか・・・
どんな話になるんだろう。

いずれにしても、レントゲン撮ったり、また余分なストレスを与えてしまう。
あもん、本当ごめんね。


知り合いにも、獣医さんの間違った?処置で
余計なところが悪化してしまったねこさんとか
私が行っている病院でも、「かえして!」って叫んでいる人も
見たことがある。(亡くなってしまったんだろう・・)

かわいそうに と思っていたけど、人ごとだった。
まさかこんなことになるなんて。
悲しすぎます。


もう連れて行きたくないけど、がんばって病院に行ってきます。
[PR]
# by amoneko | 2011-05-11 08:42 | あもんの日常

あもん 通院中

・・・mixi日記からの転記・・・

悲しい日記なので、動物と同居している方は読まないほうが良いかも、です。
これからの自分の記録として書いておきます。


5月8日、母の日がひと段落したので獣医さんへ。

びっこを引いている手は、触診しても骨折ではなさそうなのでおそらく捻挫。
だったら、安心かな。

ちなみに、病院では普通に歩けてました(笑)
かなりドキドキしちゃうので、痛みどころじゃないっぽい。
そんなこともあるかと、念のため動画を撮っていったのが正解。
仮病じゃないのよ。


体重が落ちていること、食欲がないことから、血液検査。
軽度の腎不全があったので、もっと注意しなければいけなかったです。
2月、3月に病院に連れて行っていれば・・と悔やまれますが
腎不全はかなり進行していました。
これでご飯が食べれなくなったら、もう・・・・というところまできています。

まずは3日間、点滴をして血液検査。
10月に検査をしたときには、軽度の腎不全だったのが、ここにきて急激に
悪くなっているので、3日間の点滴では数値は変わらないかも と。

命にかかわるかも・・・と言われて動揺してしまって、何を質問したらいいかわからず。
今日から入院して点滴もできると言われたけど
家以外の場所にいることがストレスになることは間違いないので
いったん連れて帰ることに。

泣きながら連れて帰って、泣きながら、どうしたらいいか必死で考えた。


翌朝、パートナーくんと一緒に話を聞く。
入院して、一日中点滴という方法もあるけど
知らない場所でトイレができないことや、極度に家以外の場所が苦手なことから
やはり、とりあえず通院に。

先生のドライな感じが、ちょっと私は苦手で・・
若い女性の先生で経験が少なそう、とか、
話下手な感じなのでこちらの感情まで読み取ってくれなかったりとか・・
不満はきりがなくて、できれば違う先生にお願いしたいところだけど
やることは一緒だろうから、とりあえず我慢。

今日はしっかり色々質問したり、考えたりできました。

まだ点滴の効果がわからないので、どうなるかわからないけど
効果がでても、多分1年くらい寿命を延ばせるくらいかも。
余命はどれくらいあるんだろう。

何もしない選択もあると思っていたし、そうしようと思っていたけど、できませんでした。
今は元気に見えるあもんが、これからどんどん弱っていく姿を見るのは
怖くてたまらないけど、自分が後悔しないために、できるだけ長い時間
一緒にいようと決めました。

親友に話をしたら(先日、あもんのママを亡くしたばかり)
やっぱり一番後悔したのは「もっと一緒にいればよかった」ということだって。
6月初旬まで、かなり厳しいスケジュールだけど、がんばらないと。


さっき、一日目の点滴を終えて、パートナー君が迎えに行ってくれました。
案の定、昼間一回もトイレに行けず(点滴をすると、かなりトイレに行きたくなるはず
なのに、行かなかった)家で行ったそうです。
トイレの問題さえなければ、入院してもらおうと思っていたけどやっぱり無理かな。

今日打合せ中にipadを開いたら、まるまる太ったあもんの写真があって泣きそうでした。
痩せてしまって(それでも、普通の猫よりはふとっているんだけど)
悲しいけど、写真ももっと撮っておこう。

急にいなくなってしまうより、きっと色々できることがあるはず。
少しでも後悔が少ないように、できる限りのことをしよう。
[PR]
# by amoneko | 2011-05-09 20:10 | あもん通院

最近のあもんさん

・・・mixi日記からの転記・・・

昨日からずっとずっと考えていて、きっと答えは出ているけど
でも悩んでいてまとまらないから書きます

長文&独り言です・・・


昨日家に帰ると、右手を痛そうにぴょこぴょこ歩くあもん

体中を触ってみたけど、どこも痛そうにしないし
むしろ気持ちよさそうにしている
変な歩き方だけど、ジャンプしてソファやベッドに乗ることはできる
水も飲んで、トイレも行ける
大声で泣くこともできる
行動は普段通り


ただ、気になることがありすぎて・・・

1月末か2月末の体重が5.6キロ
痩せる前はずーっと6.3~6.5キロ
4月26日 なんか、軽くなったと思って測ったら5.3キロ
昨日 4.9キロ

明らかに痩せすぎている

一番食べていたときは一日1カップ

秋ごろから食欲が減って一日に約1/2カップをあげているけど
1/2カップ以上食べれる日と
1/4カップくらいしか食べない日を行ったり来たり
ここ数日は1/4カップしか食べていない

毛並みがバサバサ

・・・


母の日前じゃなければ、即効病院なんだろうけど
そうじゃなくても考えたかもしれないけど
何があもんにとっての幸せなんだろうってずっと考えている

車に乗るのが嫌い
病院も嫌い
行くたびに毛がごっそり抜ける

今のあもんは、どこも辛そうじゃない

普通に生活しているあもんに、そんな(病院に行く)苦痛を与えて
今、病院に連れていくとしたら・・・

自分を納得させるため
自分が安心したいから
後で後悔したくないから

こんな理由しか思いつかない

あもんは長生きしたいわけでもなく
長生きしてほしいのは私で
そのために、苦痛を与える?

それよりも、寿命を受け入れて
家でゆっくりすごさせてあげる方がいいんじゃないのか・・・

寿命って書いたら怖くて泣けたきた
私の考えすぎかもしれないのに

少しでも長い時間一緒にいたい

書いていたら少しまとまってきた
病院へ連れていくことが結論になると思ったけど、違った
長い時間一緒にいたければ、自宅で仕事をすればいい


幸い、病院は24時間やっているので
ゆっくり寝ている昼間はゆっくりさせてあげて
病院へ行くかどうかは、夜帰ってから考えよう

何があもんにとって幸せか、それだけを考えよう
そうしたら、きっと後悔しない
[PR]
# by amoneko | 2011-05-03 08:14 | あもんの日常